TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

パチンコとカジノの住み分けはうまく行く?

日本のギャンブルといえば、誰でも頭に浮かぶのが「パチンコ」ではないでしょうか。

一時はなんと30兆円産業といわれていました。

これがどれだけ大きい産業化というと

マカオのカジノ収入が3兆円くらいなので、「カジノ世界一」を軽々と10倍も超えてしまうくらいの産業、それが日本のパチンコの強さなんですね。

この頃良く話題になる、日本でのカジノ解禁によってパチンコ業界が受ける影響は、というのがあります。

これにあるパチンコ業界大手の返答が

ダイナムの佐藤洋治取締役会議長は「経済的な側面から言うと、パチンコ業界は影響を受けるというふうには考えていない」と話す。短い時間で大きな勝負を賭けるカジノに対し、パチンコは少額で長時間楽しめる「時間消費型レジャー」としてすみ分けが進むなどし、「パチンコ産業はもう一度、安定した産業になり得る」と述べた。

というものでした。

つまり

カジノ=ギャンブル

パチンコ=レジャー

という括りをよりはっきりと見せていくことになるのでしょう。

となると、パチンコはこれからよりレジャー感が出るものに特化して行き、ゆるキャラや有名人をどんどん起用していくことでしょう。

どちらにしても、こういう競争はいいものだと思います。