TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

アメリカではあと10州も公営オンラインギャンブル解禁を検討

アメリカではすでに、3つの州がオンラインギャンブル、一般的にポーカーですが、公認されて営業されています。

pc_34.jpg

解禁済み:New Jersey、Nevada、Delaware

そしてこれから解禁を検討している州として以下の10州があげられています。

California、Colorado、Hawaii、Illinois、Iowa、Louisiana、Massachusetts、Mississippi、New Jersey、Pennsylvania

これらの州は間違いなく、解禁済みの州の運営状況を見て検討をしているので、その上でもニュージャージーなどカジノも含めて解禁されているところは正念場となってくると言えます。

アメリカ人にとってポーカーは青年くらいになると誰でも友達と一緒に遊ぶきわめて一般的なゲームのため、特別な思いと言う物があります。だからどこでも最初はポーカーが解禁となります。

これがカジノなども含めて総合的なオンラインギャンブルの解禁となるかどうかは、これからの解禁済みの運営次第となります。