TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

英国サッカーのスポンサーとギャンブルと宗教

イングランドのプレミアリーグは香川選手が活躍しているリーグです。

世界一ともいわれるリーグなので、それこそ世界中から一流の選手が集まってきています。

また、それとともに色々な宗教も絡んでいるのも事実です。

イスラム教は戒律で実は、ギャンブルとか金の貸し借りとかで利息を得たりするのが禁止されています。まあ、実際のところは別として、建前上は、ってことで。

このために、スポンサー契約をした消費者金融の社名が入ったユニフォームを着ないという選手がいたようです。

【衝撃サッカー論争】「消費者金融の社名入りユニフォームは着ない」と宣言したイスラム教徒のプレミアリーグ選手がカジノでギャンブルして波紋

ツイッターに投稿された1枚の写真が、イギリスのサッカーファン、とりわけプレミアリーグの名門チーム「ニューカッスル・ユナイテッドFC」のサポーターの間で大きな論争を巻き起こしている。写真には、1人の黒人男性がカジノでギャンブルに興じる様子が写っているのだが……。  実はこの男性はニューカッスル・ユナイテッドFC に所属するセネガル人フォワード「パピス・シセ」選手。今時、サッカー選手がカジノでギャンブルするくらい何でもないことのように思えるが、今回は思わぬ反響を巻き起こすことになってしまった。  

・なぜ写真が問題なのか? パピス・シセ選手のギャンブル写真が問題視されているのには、過去のいきさつが絡んでいる。2012年10月、ニューカッスル・ユナイテッドFC は、消費者金融の Wonga社とスポンサー契約を締結。その結果、2013-14シーズンから同チームのユニフォームには、Wonga社の社名がプリントされることになった。しかし、それにパピス・シセ選手は反発したのだ。  

・宗教上の問題 シセ選手は、イスラム教徒。イスラム教では利息を伴うお金の貸し借りが禁止されているのだ。消費者金融の社名が書かれたユニフォームを着ることは、貸し借りをプロモーションするに等しく、シセ選手には受け入れ難かったもよう。そこで、シセ選手は代わりにチャリティのロゴが入ったユニフォームの着用を提案し、問題の解決を図っていた。  

・イスラム教ではギャンブル禁止 この件以来、シセ選手はアメリカの過激派のホームページで実名攻撃を受けるなど、人種差別的なバッシングを受けることに。そんな最中に先の写真がアップされると、さらに論争はヒートアップ。というのも、イスラム教では利息を伴うお金の貸し借りと同様に、ギャンブルも禁止されているからだ。

まあ、こういうのを見ると、信心深くないと言われていますが、ホンネと建前を分けてコスレないように、生活をしている日本人というのも悪くないのかもしれませんね。