TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

日本のカジノ解禁への足音は水面下で聞こえる

足音が水面下から聞こえるなんて変な言い方ですが、見えないところでいろんな団体が動きを始めているようです。

カジノのゲーム機を開発する企業や実際のカジノの建物を建築しようとする企業などはもちろんですが、このところ有力政治家の発言や選挙などの影響もあり、よりソフトの面で影響力を発揮する企業などの動きも出てきました。

その代表的なものは「電通」でしょう。

日本の広告の支配者的存在の超巨大企業ですが、ここにはカジノ部門なるものも実はあります。

電通カジノ部門の動きが活発化 有力候補地はやはり「お台場」

電通にカジノ事業を推進するセクションが2部門あるのをご存じだろうか。  '11年に発足したソーシャル・リレーション局の『カジノ&エンタテイメント事業部』、『カジノ&観光プロジェクト部』がそれで、ここにきて活発な動きをみせている。

動き出す時は、官民がある程度一体となって規制を作りながら始めていくであろうとされていますので、こういう広告などのソフト企業が動き出すのは、ある意味で規定の流れとも言えますが、実際に解禁が近いともいえるのでしょうね。

あとはどこになるのか、ですがね。