TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

ジンガオンラインカジノが誕生するかは提携先次第か

何度か取り上げているFacebookアプリ企業のジンガですが、日本語でもいい記事が出ていますのでご紹介しますね。

米ジンガ ネット賭博に障壁 大手カジノ優遇 事業提携がカギ」(Sankei Biz)

ソーシャルゲーム最大手の米ジンガは、世界で最も人気の無料ポーカーゲームを提供しており、実際の現金を賭けるインターネット賭博への参入を目指している。投資家らは同社がネット賭博市場でも支配権を握ると期待を寄せるが、米ニュージャージー州などは既存のカジノ運営会社を優遇する条件でネット賭博を合法化しており、計画は難航している。   

シーザース・エンターテインメントやMGMリゾーツ・インターナショナルなどの大手カジノ運営会社は法で優遇されており、他社は事業提携が必要となる可能性がある。同市場への参入を狙うU.S.デジタル・ゲーミング(米カリフォリニア州)のスキップ・ブロンソン会長は、事業提携の必要性は恐らく他州でも起きるだろうと指摘。「どの種の賭博が許可されるか、税率がどうなるかはわからない。だが、どの州でも、思い通りにやれるのは既存の利害関係者(カジノ事業者)であることは確かだ」と述べた。

(中略)

アメリカ市場は世界一の大きさと規模を誇るので、ジンガといえどもオンラインカジノ界に参入するには、新参者扱いされますからね。大変でしょうが、これからのオンラインカジノのスタイルが作られる予感のするこの「ソーシャルカジノ」。

もう今までのようにカジノサイトに行って、ダウンロードして、インストールして、それから入金して、というようなスタイルは古くなる様な気がします。面白くなってきそうです。