TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

カジノ王ではなくてコンベンション王だよ!

世界で「カジノ王」と呼ばれている人は何人かいますが、その中でも4番バッター的存在といっても過言ではない人がこの人、シェルドン・ガリー・アデルソン会長です。

sands_singa.jpg

誰もが認めるカジノ王ですが、彼自身は自分のことをコンベンション王、つまり国際会議や展示会などを開催するための設計者のような存在だと感じているようです。

世界14位の富豪「カジノ・リゾート誘致で韓国と日本が競争する立場」

ラスベガスのサンズコーポレーションのオーナーであり最高経営責任者(CEO)のシェルドン・ガリー・アデルソン会長が19日、中央日報との単独インタビューで、「韓国にカジノ設立許可が下りた場合、サンズ単独で40億~60億ドルを投資するだろう」と明らかにした。アデルソン会長は、「日本もカジノ許可に素早い動きを見せている。グローバルカジノと複合リゾート誘致で韓国と日本が競争する立場だ」と話した。   

――中国・海南島に中国政府が初めてカジノを許可するという報道があった。海南島にカジノができても韓国は魅力的か。   

「海南島ではすでに(中国政府などから)投資提案を受けたが断った。現金に換金できないなら本当のカジノではなく、規模もとても小さい。海南島は中国政府が水道の蛇口のように中国人の訪問を統制できる地域だ。真の複合リゾートとしての成功の可能性はあまりない」   

――韓国はカジノを含む複合リゾート誘致にどんな強みを持っているか。   

「私はカジノ事業家として知られているが、私はコンベンション事業家だ(※アデルソン会長は米国初の民間コンベンションのCOMDEXを作り、ラスベガスをコンベンション都市にした)。複合コンベンションセンター設置に韓国ほど魅力的な都市はない。国民の教育水準が高く、企業家精神に優れ、世界をリードする企業が多く布陣しているためだ」   

――カジノがあるリゾートになぜコンベンション施設が必須なのか。   

「複合リゾートは“コンベンション”と“ラグジュアリー観光”が2つの車輪となって回っていく。レジャーを楽しむ顧客は週末に来るため、平日に数千の客室を満たすにはコンベンション産業が必須だ。シンガポールのマリーナベイ・サンズ・コンベンションセンターには24のコンベンションセンターと250のミーティングルームがある。これはシンガポールにある5つ星級ホテル40カ所のコンベンション施設を合わせた規模だ。スケールメリットを備えているので国際的な会議が一度に集まってくる」

結局はカジノ都市といっても、それは外向けの宣伝のようなもので、実質的には国際的な多くの企業が集まるのに有効な都市を創る、ということなんですね。

何でもかんでもカジノがあれば、外資がきて…何ていうほど甘くはなく、ちゃんとしたビジネス環境を整えることも大事ってことだと思います。

いや~奥がふかいなぁ~。