TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

SNSのカジノ人口は1億7000万人以上!

当サイトでも何度か取り上げていますが、Facebookなどに代表されるSNSサービスでカジノを楽しんでいる方がめちゃくちゃ増えてきているようです。

Social-networking.jpg

ギャンブル業界、バーチャルマネーが本物になると予想

ネットでのギャンブルは爆発的な人気を呼んでいる。ゲームは実際にお金を賭けるわけではないが、大きな利益をもたらしている。調査会社スーパーデータ・リサーチによると、アイフォーンなどのデバイスやフェイスブックなどのインターネット交流サイト(SNS)で遊ぶカジノゲームは昨年、11億ドルの売上高があり、今年はこれが17億ドルに拡大すると予想されている。   

これらのゲームは通常、プレーヤーが毎日ログオンするたびに無料のチップを与える。これがなくなると、プレーヤーは実際のお金(リアルマネー)で新たにチップを買える。スーパーデータによれば、普通はプレーヤーのわずか2%しか購入しないが、それでも帳尻は合う。最近、アップルのアップストアでの売り上げ上位50のアプリのうち7件、グーグルの場合は50件中9件がダブル・ダウン・カジノなどのカジノゲーム用だった。

プレーヤーがお金を払うとはいえ、実際にお金を儲けることがないため、これらのゲームは実際のギャンブルとは見なされていない。このことでゲームの人気が衰えるということはない。モルガン・スタンレーのアナリストは、SNSでカジノゲームを楽しんでいる人は1億7000万人以上に上り、リアルマネー・ネットギャンブラーの3倍以上になると見ている。

なかなか細部までしっかり書かれている記事なので、ソーシャルネットワークのカジノに興味のある方は一読どうぞ!