TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

パチンコとカジノとフィリピンと接待と

日本の中でも接待ってありますよね。

これが国際的な規模でしかも多くの利権がかかわってくると、接待自体も大きな規模になってきます。

パチンコ業者の最大手で「ユニバーサルエンターテインメント」というところがあります。これは元「アルゼ」という社名の方がピンと来る方も多いかもしれません。

pachinko.jpg

この企業はすでに世界的なカジノ「Wynnリゾート」と一緒にカジノ経営をしていて、ラスベガスやマカオには日本食「OKADA」という「ユニバーサルエンターテインメント」の社長の名前がつけられたりもしていて新密度がわかります。

ここで出てくるのがフィリピンです。

アジアカジノ競争に2歩も3歩も出遅れている同国では、国家的プロジェクトとしてカジノ建設の計画を打ち立てました。

そこにヒョイッと立ち上がったのが「ユニバーサルエンターテインメント」なんですね。

うちは経験も実績もありますよ!ってことで。

ただ、そこで終わるんじゃなくて接待費として今出ているだけで1000万円くらいはフィリピン政府の高官などに流れているようで、しかもそれを発表したのが実は今はもう敵対関係になっているWynnリゾートのスティーブ・ウィン氏。。。

もう何だこれって感じです。

何とな~くですが、勘ぐってみると芽は小さいときに潰しとく、みたいな感じもしますが。

まあ、こんなことは数年したら誰も覚えてないんですよね。