TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

アメリカカジノ王も日本進出に前向き

ちょっと前にマカオで新しいカジノがオープンしました。

09月21日 マカオはまだまだ大型新規カジノが参入中!

このオーナーのラスベガス・サンズのアデルソン会長がインタビューで日本に対してのコメントを発言しています。

米娯楽王が日本進出を宣言 カジノリゾートが大阪にやってくる?

アデルソン会長が次に狙うのが日本市場だ。

カジノは世界120カ国以上で認められている。アンデルソン会長は「日本ではギャンブル性が高い娯楽がいくつもあるのに、なぜカジノがないのか。パチンコとは異なり、IRは観光客や雇用、税収をもたらすメリットがある」と強い口調で話す。

この「IR」というのは、「統合型リゾート(Integrated Resort)」と呼ばれるモデルで、ざっくり言うと、カジノもあるしショッピングもあるショーもあるしレストランもあるし展示場もあるし大型会議場もあるし、みたいな感じで誰がどういう人たちと来てもすっぽりと収まるところがありますよ!っていうことですね。

ラスベガスやマカオは、大型カジノはどこでもこの流れです。シンガポールも同じですね。

ヒトもの金が集まるところには、エンターテイメントもやはり大事で、日本の今挙げられている候補地からすると大阪あたりが一番いいかもしれませんね。

東京はカジノがなくてもアピールどの高い都市だし、他の都市はいまいちパッとしないし、沖縄は離れすぎという感もあるし。

ただできれば、外資だけじゃなくて日本独自のカジノ文化が創れたらいいですね。

外資のカジノはそれはそれで誘致すればいいのですが、たとえばパチンコで新装開店で外にあのへんな花がずらーーーと並ぶ光景。。。クリエイティブ