TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

大企業会長100億円カジノなどにつぎ込む

テレビや新聞でも報じられていますが、大手製紙メーカーの大王製紙、前会長がマカオのカジノなどで不正に使い込みをしていたようです。

大王製紙前会長 100億円の使い道は カジノ、株…詳細は謎だらけ

大王製紙の井川意高前会長(47)が連結子会社から巨額の現金を借り入れていた問題は、100億円を超える借入金の“行方”が大きな焦点となっている。マカオのカジノで20億円を浪費した以外にも株取引などに使ったとの指摘があるが、詳細は不明のまま。前会長は同社の特別調査委員会に反発し聴取を拒んでいるため、使途の解明は司直の手に委ねられることになりそうだ。

●「ギャンブル好き」

「個人的に使う。いくら用立てられるか」

複数の関係者によると、前会長は昨年、連結子会社役員らに電話で直接融資を依頼した。使い道は明らかにしなかったという。役員は、前会長の部下や元部下たち。依頼を受けて、担保なしで次々と融資を実行していた形跡が浮かぶ。

使途について前会長は明言を避けているが、マカオのカジノで少なくとも20億円を使っていたことが判明している。関係者によると、一部は株取引や外国為替証拠金取引に充てていたとみられる。

前会長をよく知る関係者は「特にカジノなどギャンブルに目がなかった。マカオへの渡航は、ほとんどが単身。文字通りギャンブルに専念するためだった」と明かす。

 

20億円をカジノで使うというのもすごい額ですね。

勝ってたら問題にならなかったのかも。。。なんて