TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

大阪知事のカジノ行幸は実を結ぶか

大阪の橋下知事はことあるごとに、「大阪にカジノを!」と訴えています。
 
ちょっと前に世界一のカジノ都市マカオを訪れて、さらにその思いを強くしたようです。
 
「橋下知事「カジノは日本経済の切り札」 マカオの施設を絶賛 平日も客が数万人」
 
中国の香港やマカオを訪問していた大阪府の橋下徹知事は23日、帰国した。マカオでは、カジノ「ウィン・マカオ」を視察し、「カジノは日本経済の切り札。これはもういくしかないでしょう。昭和の賭博場ではない。最高級のレジャー施設で、何より、雇用と財源の確保になる」と話した。
 
22日深夜から約2時間、カジノ施設を視察。橋下知事は、ゲームを楽しむ観光客の様子や従業員教育などを見学し、「ここだけで7500人の雇用が生み出されている。日本ではこれだけの雇用を生み出すのにバカみたいに税金を使う」とも述べた。
 
約30カ所以上にカジノがあるマカオ。街一帯が「不夜城」と化し、橋下知事らが視察した22日も、平日の深夜にもかかわらず、香港からの船が着くターミナルに大勢の人があふれた。その活況ぶりに、橋下知事も「都市経営の視点から、カジノは絶対やらないと」と、意を強くした。
 
「ウィン・マカオ」は、ラスベガスをモデルに2006年に米国の運営会社が開設したマカオ最大級の施設。中国の富裕層からの収益が約8割を占める。
 
橋下知事は「ギャンブルとの批判もあるが、カジノは超効果的な観光施設で大人の社交場。誰もが楽しみたくなる所。反対している人には、一度ウィン・マカオに来てほしい」と述べ、ウィン・マカオの幹部に「ぜひ大阪に進出を」と持ちかける場面もあった。
 
この施設だけで1日2万~3万人、休日には約5万人の客が来るという。従業員の教育場面や、調理場なども見学した橋下知事は「華やかな部分だけでなく、バックヤード部分も見させてもらい、非常によかった。関連の雇用も含めると2万~3万人ぐらいの雇用が生まれているのでは」と期待を寄せた。
 
橋下知事が“絶賛”するカジノだが、周辺自治体の首長からは治安問題などへの懸念も聞かれる。同行した府担当者の一人は「今回視察したのは最高級カジノだが、マカオでも場所によっては治安問題があると聞く。そういった点も検証する必要がある」と話した。
税収とか雇用とか、やはり先見のある人が見ると成長する分野というのがわかるのでしょうか。
 
ただ、日本にはパチンコ産業という巨大なものがありますので、そことすみ分けるのか一緒にやるのか、外資はどうするのかなど考えることはたくさんありますね。
 
これからも注目です。