TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

ウィキリークス絡みでMoneybookersにもサイバー攻撃

このところニュースでもよく報道されているウィキリークスですが、以前はMoneybookersも決済方法として使われていました。

また、寄付もされていたようでした。

マネーブッカーズの献金リスト企業からある企業を削除」(2010年10月22日)

いろいろなゴタゴタがおきていますが、「親ウィキリークス派」が関係を断ち切った企業へサイバー攻撃を仕掛けたようです。

Wikileaksめぐるサイバー攻撃でまた逮捕者 オランダの19歳男性

オランダ検察局のWebサイトにサイバー攻撃を仕掛けた容疑で12月11日に逮捕された19歳のオランダ人男性が、攻撃への関与を認め、翌12日に釈放された。同国の当局が明らかにした。

同国では9日に、16歳の少年がWikileaks支持者によるサイバー攻撃に関連して警察に拘束されている。同国でこの数日の間にサイバー攻撃で逮捕された10代の若者は、この男性で2人目だ。

16歳の少年はハーグで逮捕され、再拘留中だ。

検察局は12日、19歳男性が、同局へのいわゆる「DoS(サービス拒否)攻撃」に荷担したことを認めたと明らかにした。

男性は、MasterCard、VISA、Moneybookersへのサイバー攻撃にも関与したと自白したという。

Wikileaksは大量の米国の外交公電を暴露した後、クレジットカード会社などからサービスを停止されている。各国のネット活動家はその報復として、同サイトの敵と見なした組織に攻撃を仕掛けている。

DoS攻撃への関与は、オランダでは最高で6年の実刑が科される。

Moneybookersは当然もう正常に利用できるようになっていますが、このような世界的なニュースが影響してくるものなのですね。

マネーブッカーズの詳細はこちらからどうぞ