TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

日本で2~3年内にカジノ法案は成立?

 

大手証券会社メリルリンチのリポートによると、日本のカジノ合法化とともに、ポーカープレイヤーが爆発的に増えるのではないかと予測されています。

カジノ合法化前に、沸き起こるポーカーブーム!

外資系大手証券会社メリルリンチは「来年早々は難しくても、2~3年内にカジノ法案は成立する可能性は高い」とリポートを発表。経済波及効果が最大約8974億円(沖縄県試算)といわれるカジノ事業だが、もはや日本のカジノ合法化は現実的なものになりつつある。

カジノといえば、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのゲームが定番だが、実は今、世界中のカジノで一番の人気を集めているのが、ポーカーの一種である「テキサス・ホールデム・ポーカー」。日本人には馴染みが薄いが、海外では優勝賞金約9億円という世界大会まで行われ、日本のカジノ合法化が決まれば、国内でも爆発的なブームになるといわれている。

それに先駆け、10月9日(土)に東京・渋谷にある青山ブックセンター上で国内最大級のポーカーの祭典『Tokyo Poker Tour 2010 SEASON1-4th』(東京ポーカーツアー)が開催される。同イベントには日本各地から一攫千金を夢見るプレイヤーたちが毎回150人以上も集結。4 回目を迎える今回は、優勝賞品に中国・マカオで行われる本場カジノの「ポーカー体験ツアー(ホテル・エア代込み)」を用意。さらに、上位10名にはオンラインポーカー企業であるエベレストポーカーのプロオーディション出場資格が与えられるのだ。

大胆な予測ではありますが、日本での税収入の落ち込みや新しい産業を育てていこうとする考えなどが一致すれば、可能性はあるかもしれません。

そうなると、オンラインはどうなるのか。

まだ、わからないようです。

インペリアルカジノの詳細はこちらから