TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

コナミが米カジノ育成のため大金を大学に寄付

日本を代表するゲーム企業「コナミ」は、アメリカのランドベースカジノで機器販売事業などを手がけています。
 
 
アメリカの大学では奨学金制度がとても充実していますが、多くは企業からの献金で成り立っていることが多いようです。
 
「コナミ:ネバダ大に100万ドル寄付 カジノ産業育成のため」
 
コナミは9日、米ネバダ大ラスベガス校に100万ドル(約8600万円)を寄付すると発表した。カジノ産業育成のためで、寄付金は奨学金や設備の拡充に利用される。
 
ネバダ州はカジノで世界的に有名なラスベガスがあり、ネバダ大は57年に設立された州立大で、カジノ産業の教育や研究を行う国際ゲーミング研究所を設置している。
 
コナミは、ゲームソフト事業や健康事業以外にも、00年から米国でのカジノ機器販売事業を手掛けており、米国36州、豪州全州でもライセンスを取得。10年3月期の同部門の売上高は200億円に達している。
 
企業側も名前を売ることもできるし、アメリカの企業文化もありますが「社会貢献」の一環でどんどん寄付参加企業が増えているとの統計もあります。
 
日本でもカジノディーラーを育成する学校があるようですが、コナミさんは寄付を考えてもらえるのでしょうか。