TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

オンラインギャンブルはの最大顧客は国?

オンラインカジノなどのインターネットを通したギャンブルが始まったのが1990年代後半で、それから15年ほど経っています。

その間、アメリカでの禁止法などいろいろな動きがありましたが、これから数年間を見越していくには大手ソフトウェアの動きを見ていくに限ります。

一般的にビジネスのやり方は(パーソン to パーソン) (ビジネス to ビジネス) (ビジネス to パーソン)など、誰が誰に向かって行うビジネスかにより変わってきます。

たとえばカジノはソフト対プレイヤーなので、(ビジネス to パーソン)といえ、ポーカーはプレイヤー対プレイヤーなので、(パーソン to パーソン) といえます。

このトレンドが今(ビジネス to 国)つまり(B to G)という新しい局面に入ってきたといわれています。

例を挙げると、
 
プレイテック



フィンランドの国営ギャンブル機関の「Rahaautomaattiyhdistys」と提携

ネットエント



「Intralot Interactive」というクライアントは国のみのソフト企業と提携

そのほかにも、政府系企業と近い民間企業との提携がいくつかあります。

日本政府がプレイテックと提携することは考えにくいですが、もしかしたら財政難の地方自治体のほうが柔軟に受け入れちゃうかもしれません。