TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

日本のカジノ建設に一石を投じる発言

日本でのカジノ建設運動は10年以上いろいろなところで議論がされていますが、実質何も進んでいないのが現状です。
 
そんな中、久しぶりに鳩山邦夫前総務相が合法化に意欲を見せる発言をしています。
 
「ハウステンボス」に「カジノ」 鳩山発言で設置機運高まる
 
東京都の石原慎太郎知事が「お台場にカジノを」と提唱したのは1999年のことだが、2002年に政府が構造改革特区を募集した時は、宮崎県などから7件もの「カジノ特区」の提案が寄せられた。ところが、いずれの提案も「カジノは刑法が禁じている『賭博』にあたる」として政府が却下。それ以降、運動は下火になっていた。
 
そんな中、日本郵政の問題で注目を集めた鳩山邦夫氏の発言をきっかけに、再び「特区」への機運が高まっているようなのだ。徳永久志議員(民主)が、09年4月21日の参院内閣委員会で、特区制度について質問する中で、カジノ特区についても触れ、
 
    「議論を進めていってもいいのでは」
 
と呼びかけた。これを受けて、当時は総務大臣だった鳩山氏は、自身が一時期「カジノ議連」の会長を務めていたエピソードとともに、
 
    「正直言って、カジノというのはやりたい、観光産業としてやれたらいい」
    「刑法がかかわるからというので門前払いをするのではなくて、取り込んで議論はすべき」
 
と、前向きな姿勢を示したのだ。
 
これを好機ととらえたのが、観光客減少に悩む長崎県佐世保市だ。同市を08年に訪れた観光客の数は前年比7.5%減の約448万2000人。夏以降の景気後退や円高が響き、4年ぶりの減少となった。アジアからの観光客が多いテーマパーク「ハウステンボス」(HTB)も同様で、やはり前年比で9%減少している。
 
そのHTBを「カジノ特区」にする計画を内閣府に提案することになった。この計画は、福岡・長崎・佐賀3県の企業約200社でつくる「西九州統合型リゾート研究会」が佐世保市や佐世保商工会議所とともに6月中に提出することになっており、HTB内にカジノ設置を認める特別法を設けることが骨子だ。
地方自治体には死活問題であるために、次の総選挙でどのように動くのか注目でしょう。