TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

米国ミネソタ州で200ギャンブルサイトにアクセス禁止

アメリカのミネソタ州政府は、同国11のインターネットプロバイダー企業に約200のオンラインギャンブルサイトへのアクセスができなくするように依頼を出しているそうです。
 
以前から取り上げているように、ケンタッキー州でもオンラインカジノなどのサイトドメインを取り上げてしまおうという裁判が継続しています。
 
ミネソタの根拠法は2006年のいわゆる禁止法ではなく、というよりこの禁止法は実際の適用になったことはまだ一度もありません。理由は以前報じたとおりです。
 
米国の禁止法は適用方法が不明確と内部不満」(2008年04月04日)
 
ここで適用されているのは「Wire Act Wire Wager Act United States Gambling Laws」という1961年に制定された法律を援用しています。
 
大手のISPであるAT&TやCharter Communications、Comcast Cableなどは公式なコメントをまだ出していませんが、どうなるのでしょうか。
 
インターネットは国内法だけでは覆いきれない領域が多く、外国法との関係や大きくみた時の保護貿易の議論など、なかなか一筋縄ではいかない点があるのも事実です。