TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

オンラインギャンブルはそれでも市場拡大路線

民間のコンサルタント企業によると、この先2012年までの5年間は、ランドカジノよりオンラインギャンブルの方が成長率が高くなるとの予測をしています。

GROWTH AHEAD FOR INTERNET GAMBLING

報告によると、2007年の世界のカジノなどを含めたゲーム産業の総収益は約33兆円にのぼり、2006年の約31兆円から見ても、順調に上がっている。この中で、オンラインのカジノなどゲームが占める割合はほんの5%(約1兆6000億円)しかないそうです。

しかし、ランドカジノの伸び率は、2012年まで平均2.2%という、緩やかな上昇をしていく中で、オンラインゲームは平均10.3%の伸び率を予想されているようです。

つまり、現在の5%から6.3%ほどまで上がり、約2兆4000億円ほどの収益を出すだろうと考えられています。

なかなかの楽観的な観測のようにも見えますが、世界的に見れば、オンラインポーカーやスポーツブックなどは、オンラインカジノ以上に高い伸び率をたたき出しているので、このような予想も成り立つのかもしれません。

この予測には加味されていない要素は、やはりアメリカのこれからの出方で、来年に新大統領のもと、どのような政策が出てくるのかで勢力図は全く変わってくる可能性もあります。

すでに、ラスベガスのカジノの大手、MGMやハラーズなどがオンライン事業に興味を示しているので、そうなると、MGMオンラインカジノなどが出てくる可能性もあります。

そうなると、豊富な資金を基に、毎月ラスベガスに招待されるようなプロモーションや、日本国内でも楽しめるイベントなどを開催してくれるかもしれない、などとちょっと妄想気味ですが、期待は持っておきたいものです。