TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

英国オンラインギャンブル税の減税を嘆願

イギリスはオンラインギャンブルを認めている国のひとつですが、オペレーター側には文句があるようです。

INTERNET TAX CUT CALLED FOR BY WILL HILL CEO

スポーツベットで多数の店舗を持つ、大手「ウィリアムヒル」のCEOは、今のように収益から15%も税金として取られていては、産業の成長ができる状況にはならない、税率をもう少し下げて欲しい、とイギリス政府に願い出ているそうです。

確かに、中米などオフショア諸国からライセンスをもらっている、他のオンラインギャンブル企業は、15%も税金を取られてはいないはずで、競争社会の中でこれでは勝つことができないという意見も的を得ているように聞こえます。

しかし、その分、信頼性や安全性、なによりイギリスで企業活動が出来るというメリットが、ウィリアムヒルなどにはあるので、一概にどちらが良い、悪いの議論は出来ないようにも見えます。イギリス政府も現在の税率を下げることは考えにくいため、言葉は悪いですが「犬の遠吠え」で終わってしまうような感じです。