TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

米国の禁止法は適用方法が不明確と内部不満

アメリカのインターネットギャンブルの禁止法はすでに、施行されてから1年半ほど経っていますが、この法律の使い方がとても不明確で、実際に現場で法律の執行を行う「事務方」の人たちにもよく分からないらしいです。

 

ちょっと長いですが、重要点を翻訳してあります。

 

Regulators struggling with Internet gambling rules」(ロイター)

 

 

Federal Reserve and Treasury officials said on Wednesday they were struggling to craft rules to ban bank and credit card payments to illegal Internet gambling sites because federal law is unclear about what type of gambling is illegal online.

 

"That is something we're really struggling with," Louise Roseman, the Fed's director of reserve bank operations and payment systems, told a House Financial Services subcommittee.

"The challenge we have is interpreting ... federal laws that Congress itself isn't sure what they mean," Roseman said.

But rather than define what types of gambling are illegal online, the Unlawful Internet Gambling Enforcement Act of 2006 relied on existing Federal and state laws to answer that question. It also still allowed any online horserace betting permissible under the Interstate Horseracing Act of 1978.

 

アメリカ合衆国連邦準備制度と財務省の幹部はインターネットを通したギャンブルサイトが利用する銀行やクレジットカード支払いに対して、法律の使い方に苦慮している。なぜなら、この法律は不明確な点が散在しており、どのギャンブルが不法になるのかがはっきりしないからである。

 

Louise Roseman氏(連邦準備制度銀行幹部)は「この法律の不明確さのため対応に苦慮しています」と下院財務サービス委員会で発言しています。

 

また同氏は「現在立ちはだかっている問題は、この法律の解釈の仕方で、この法律自体が実際に何を意味しているのかがよく分かりません。」とも言っています。

 

このいわゆる禁止法はどのようなギャンブルを禁止するか定義するのではなく、すでに存在する連邦・州法に解釈を頼っているのが事実です。また、国営の競馬に関しては今だに、オンラインを通して賭けることが可能になっています。

 

つまり、矛盾だらけの法律ということを言っているのでしょう。できた成り立ちは長くなるので、下のリンクから見てください。

 

しかし、やはり国営のインターネットギャンブルはOKでヨーロッパ勢が中心のギャンブルだけダメとするのは、筋が通ってないような気がします。それ以上に、「役人」自体が使い方がよく分からない、と洩らしている法律とはどのようなものなのでしょうか。

 

米国大統領が禁止法にサイン完了」(2006年10月14日)