TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

アンティグアが国産コピー製品製造で米国を威嚇

アメリカでオンラインギャンブル禁止法ができてから、その国家経済の中枢をオンラインギャンブルに依存している、カリブ海の小国アンティグアはかなりの痛手を受けていますが、なにやら反撃を考えているようです。

 

カリブの小国が米国製品の海賊版を生産すると威嚇

 

アンティグア・バーブーダでは近年、オンライン・カジノ事業が主要収入源となっていたが、アメリカ政府が同国のオンライン・カジノへのアクセスを遮断したために、貿易赤字が拡大。34億ドルの損害を被ったと主張する同国は、2003年、WTOに協定違反として提訴し、2100万ドルの損害賠償金を獲得している。

その後も同国はアメリカからのアクセス再開を求めているが、米国政府からは何の返答もないという。

アンティグア・バーブーダ側のマーク・E・メンデル弁護士によれば、ブッシュ政権が3月末までに何らかの対応をしなければ、映画、音楽、ソフトウェアといった、アメリカの知的財産のコピー商品を生産・販売し、対米貿易の損害補填に充てる考えだという。

 

なんと、アメリカ産のコピー商品を国家的に作るぞ!といっているようです。ちょっと、日本のお隣の国のようなようなきもしますが、それだけ必死なのでしょう。

 

国のサイズを考えると、アリが象に決闘を挑んでいるような感じです。アメリカも自分の国のオンラインギャンブルだけはOKだったりするので、公正性に欠けるのは確かで、保護貿易だ!と外国から言われるのは一理あります。

 

この発想はどこから来たのか、とちょっと思ったりもしますが…