TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

マカオやラスベガスから見える沖縄カジノのメリット

先進国でカジノがないのは日本くらいとよく言われています。
確かにアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の世界数十カ国でカジノが盛んになっていると、日本の現状はすでに遅きに失するといえるかもしれません。

アジアの中でも厳しい法令がたくさんある、あのシンガポールでもカジノ建設を先日決定しています。

では、日本でカジノ解禁がされたときにもっとも可能性のあるは、といえばやっぱり沖縄でしょうか。
沖縄では地方自治体の関係者などがマカオなどに視察にも訪れています。

沖縄でカジノが開かれることに賛成している方は、沖縄県民へのメリットがかなりあるから、との意見が多いです。

どのようなものがあるでしょうか。

・ 失業者対策(雇用創出)

・ 地域の活性化

・ 人口増大(税収入増)

などはすぐに効果が出ることと思われます。

沖縄は歴史的背景から、アメリカ軍関連の仕事がないとやっていけないところがあります。
失業率も全国平均の2倍です。そういう事情があるあらこそ、「本土」の人たちはしっかり沖縄のことを考えるべきです。

このような直接のメリット以外にも不動産も活発になるのはラスベガスや現在のマカオを見れば明らかです。
また、年をとおして国際会議もこういうところで開かれることが多いのも事実です。

アジアのハブとしての沖縄の立地条件を活かして、ぜひできるだけはやく法整備を整えてほしいものです。