TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

パーティーゲーミング新法律の崩壊をまだ期待?

アメリカの新法律が出来た関係で、一番被害をこうむったのはその市場の70%ほどを占めていたパーティーゲーミングと言えるでしょう。

このCEOが新聞のインタービューで「まだこのアメリカの新法律がスクラップになる可能性はフィフティー・フィフティーだ。この3年間でワシントンの政治形態がバランス化されれば、その可能性はある」と答えています。

PartyGaming boss says US anti-gambling law could be scrapped

この3年というのは、暗に次回の大統領選挙で現在の共和党(保守)から民主党(リベラル)に変われば、といっているようですが、多少希望的観測の面が強いように思います。

しかし、CEOは強気な口調で「忘れないで頂きたいのは、すでに1000万人のプレイヤーが我々のソフトウェアをコンピューターにダウンロードしているのです」と言っています。スポーツベット最大手のSportingBet(スポーティングベット)のCEOもこの法律に対して同じような見方をしているようです。

これくらい産業が大きくなると、政治の力がどうしても関わってくるのは明白です。ラスベガスなどのランドカジノはもちろんこの新法律に大賛成なので、この法整備に関わった政治家に多額の献金をしているようです。

このCEOであれ、誰であれ、今現在この法律がスクラップにされる方に賭ける勇気はないでしょう。