TOP > 最新オンラインカジノニュース

最新オンラインカジノニュース

アメリカの飛びぬけた最近の動き

アメリカでは数日前に大手スポーツベット「ベットオンスポーツ」のCEOであるデイビッド・カルサーズ(David Carruthers)をダラス空港で拘束したそうです。

ロンドンから会社のあるコスタリカに行く経由地のアメリカでの出来事で、非常に突然だったようです。

US arrest hits web gaming shares

この遠因としてやはり今アメリカ議会で審議されているオンラインギャンブル規制があるのは明らかでしょう。

参考:アメリカと日本のそれぞれの動き

この拘束を受けて、オンラインギャンブル関連銘柄は軒並み値を下げています。

欧州市場サマリー

また、このようなアメリカの動きの中、日本でも有名なインペリアルカジノのグループカジノは7月24日からアメリカからのプレイヤーの受付けを停止するそうです。

この動きは重点をヨーロッパ、アジアに移すという意味では、日本にとっても良いことの様に見えます。

そんな中、オンラインギャンブル合法のイギリスは2006年9月からオンラインギャンブル関連のテレビ広告が全面的に解禁されます。

ギャンブル業者のテレビ・コマーシャル、来年から解禁に

アメリカは良くも悪くも極端なところがあるように見えます。昔はお酒を売ってはいけないような法律もあったところなので、このような大胆な動きはそれほど驚きもないかもしれません。

しかし、それによる結果が他の世界にも影響が出るという意味ではこれから注視していく必要があります。